ホームステイ・プログラム

当校のオーストラリアン・ホームステイでの暮らしは、ユニークで充実した体験です。

オーストラリアで暮らし、学ぶ間に生徒たちが成長できるよう支援するため、ジョン・ポール・インターナショナル・カレッジでは、思いやりがあり、生徒の能力の育成にふさわしい安全な家庭での生活の場を、全生徒に提供しています。

当校の生徒たちの多くが、ホームステイ先で生活しています。当校のホームステイ先の家庭は、当校の成功にとって不可欠なものとなっており、生徒たちが学びながら成長できるよう、安全で思いやりのある環境を提供しています。

当校の全ホストファミリーは、紹介前に徹底したチェックが行われており、有効な適性カード(「ブルーカード」としても知られています)を保有していることが要件となっています。これは政府の要求でもあります。 ブルーカードのない家庭を生徒に紹介することはありません。

ホームステイ先の両親は、当校と協力して、生徒が勉学、課外活動のすべてに参加するようにする責任を負います。当校のホームステイ先の家族が提供するのは、単なる宿泊先ではありません。海外からの留学生に対して心を開き、家族として迎え、「もう1つの我が家」を提供します。

ホームステイの最も重要な側面は、生徒が家族の一員として扱われるということです。これによって、生徒の英語力が向上し、ホームシックにもなりにくくなります。

ホームステイをすることによって、生徒はオーストラリアのホームステイ先の家族の行事に参加することができ、オーストラリアの家族と暮らすことは、海外からの留学生にとって、オーストラリアについて学ぶ貴重な経験となり、実り多く楽しい体験となります。

生徒たちには、すべての食事が提供され、勉強机のある自分の寝室が与えられ、洗濯・アイロンの用具を使用することができ、学校の活動および課外活動のための交通手段(車、バス、鉄道を含みます)が提供されます。

ビザ申請のために福祉と宿泊に関する書簡を必要とする生徒たちには、当校の承認済ホームステイ・プログラムを推奨しています。近親者や家族ぐるみで付き合いのある友人の家に生徒を住まわせたいと考えられている場合は、保護者は最初に書面で承認書を提出しなければなりません。22歳以上の人格者のみがその対象となります。(詳細については、DIACのホームページをご参照ください。)